このエントリーをはてなブックマークに追加

現状の仕事把握をして転職タイミング

良い転職は、本人を好転させ才能を開花させる良いチャンスとも言えます。
転職しない場合はチャンスを逃がしていると言えます。
しかし、在籍している会社、仕事は本当に自分にとって状況が悪いと言えるのでしょうか?
今の会社を去る事が最良の選択なのでしょうか?
全てに於いて新しい事が良いとは言えないでしょう。
今居る会社は、何か志を抱き、希望に満ちて入社したと思います。
会社を選択したその時、会社と仕事が最良と判断し時間の流れに乗ったでしょう。
与えられた職場が現在の仕事環境であり、もしかするとここで遣る事がまだ多く残っているかもしれません。
その事に今気づいているでしょうか。
会社の倒産等で在籍が困難な場合は別として、冷静になり客観的な視線で現状の状況を見つめると自分にとって現在の環境が続いても今後これからの未来が描けるなら現状はまだまだ良いかもしれません。
満更悪いとは言えないでしょう。
「(会社を)出るも良し、残るも良し」とも言いますが、何事もタイミングがあるようです。
今なのか?未だ先なのか?思い立ったが吉日です。
しかし、もう一度良く考えてみましょう。
以外にも時間は充分にあるものです。
もし何も浮かばず漫然とし、焦燥感漂う気持ちであれば、やはり新たな環境を考えてみるべきかもしれません。
そして今がそのタイミングと思うなら、転職へと踏み込んだ方が良いでしょう。
踏み止まって立ち往生するなら、今がそのタイミングなのでしょう。
これからの人生を後悔しない為にも決断する時なのだと思います。
年齢を重ねると転職は困難になりますが、若い世代の方はいつでも人生を転換出来ます。
若い分、失敗が何度も許されるので何事に於いても積極的に考えて下さい。
とても大切な事ですが、転機の時こそ重要でタイミングは目の前に転がっており、私達は日々気付かないチャンスです。
そのチャンス引いては寄せる波のようなリズムがあります。
時間と供に歩いて行く人生は、いつも選択の連続です。
自分では避けて通れない事態も多く、不可抗力のように受け入れなければならない事は数え上げれば切がありません。
仕事の転機もタイミング、チャンスの波に乗るタイミングを掴む為には日々自分を見つめ、おかれている現状の把握と今後進むべく道への情報を収集し、最善の選択をしてくことが良いでしょう。
転職は難しくも簡単に出来ますが、「後悔先に立たず」と言うことわざがあるように、焦らず考えて判断と行動をしましょう。
Copyright (C)2017転職を考えたくなる時.All rights reserved.