このエントリーをはてなブックマークに追加

退職する時の書類と段取り

一般的にいきなり仕事を辞める事は非常識ですが、実際にはなかなかそう無いものです。
事件、事故等に遭遇するような偶発的な不測事態は特別として、通常はそのような事は考え難いものですが、突然仕事場に来なくなったり、連絡が取れなく音信不通になる等とあってはならない事を平気で仕出かす極端で驚くような人間は居るようです。
昔は考えられなかった事は時代が移り変わり案外見られます。
本来なら退職する場合、現在の仕事は出来る限り完結する事、継続的進行中の業務はそうは行かないので、関連部署や自分の後任への業務引き継ぎを滞りなく行うことです。
昔から「立つ鳥跡を濁さず」とよく言いますが、このようなことわざの心境でいつの時代、今もこれからも変わらないで欲しいものです。
理想像としてやはり、惜しまれる人間でありたいと思うのは誰しも普通に考えるものです。
有期社員のように期限付雇用であっても、正社員雇用であっても、期間に係わらず、勤めていた会社を去る場合には会社側とよく話し合い、円満退社を目指したいものです。
しかし、現実はなかなか理想通りは行かず大変なようです。
それでは円満退社する為には慌てず準備をしっかりと行って行きましょう。
タイミングにも寄りますが、まず退職の意向を伝える事が先決でしょう。
一般的に決まり事はありませんが、最初の意思表示として直属の上司に退職の旨を伝えましょう。
退職側の一方的ではなく労働者と雇い主両者の言い分や都合も含めてよく話し合いましょう。
受諾して頂く事が出来た後、退職1月位前に退職の意向を伝える書類を提出します。
その書類には「退職願」と「退職届」とあります。
「退職願」は退職を希望したいとの意味があります。
会社側との話し合いも充分な余地があると判断され、本人の完全な意志として受け止められません。
しかし、「退職届」は「退職願」と違い、最終的な意志の元で退職意向を撤回しない書類として受け止められます。
又、その他「辞表」があります。
これは一般的に役職、管理職以上のクラスの方が使うとされていますので使うのには注意が必要です。
退職の提出書類に「辞表」、「退職願」や「退職届」の違いがある事を理解しておいた方が良いでしょう。
退職意向の書類伝達は、あまり早過ぎても遅すぎても、タイミングが必要です。
それから退職と同時に転職する場合、同業他社への転職は特に注意を払いましょう。
退職手順や段取り等をきちんと行っていても退職後の不信感によりクレームになりかねません。
そのようにならない為にも退職はとても注意して手順を踏んで進めて行きましょう。
Copyright (C)2017転職を考えたくなる時.All rights reserved.